MENU
アーカイブ
ゆっちん
ブロガー
アニメ好きのブロガーです。
dアニメに加入して早6年。

【お願い事項】
・当ブログに掲載している画像、動画、引用文等の著作権は各著作権利者に帰属します。
・当ブログでは、リンクの一部にアフィリエイトプログラムを利用しています。
・当ブログの内容(テキスト・画像)の無断転載・複製はご遠慮ください。
ブログデザインをリニューアル中

アニメ「SUPER LOVERS」胸キュンが止まらない!もどかしい兄弟LOVEの行方

アニメ「SUPER LOVERS」レビュー・感想

アニメ「SUPER LOVERS」レビュー・感想今回見たアニメは「SUPER LOVERS」。

イケメン長男と義理の末っ子、異母弟の双子4人の恋愛模様や複雑な家庭事情が描かれています。

ややショタ要素ありのボーイズラブなので好き嫌いはわかれそうです。

わたしはというと、とにかく萌えまくりました。

ゆっちん
ゆっちん

長男は超美形、末っ子はかわいい。最高です!

目次

あらすじ

「母危篤」と騙され、海外まで駆けつけた海棠 晴(かいどう はる)は、「おまえの弟だ」という男の子に引き合わされます。

彼の名は、零(れん)。

野生児で誰の言うことも聞かない零でしたが、晴が必死で世話をする中、徐々に晴に心を開いていきます。そんな零が晴もまた可愛くて仕方なくなります。

ふたりは「いつか日本で一緒に暮らそう」と約束し、5年後に再会を果たすのですが…!?

兄弟愛…それとも?「SUPER LOVERS」はもどかしい

本作の主人公・海棠 零(かいどう れん)は、孤児だった頃の記憶がなく、人間不信な子どもでした。

そんな零をしつこいまでに構い、かわいがり、面倒見たのは晴です。

晴にすっかり心を開いた零は、晴を兄としてでなく、ひとりの人間として恋情を抱くようになります。

そして、晴もまた、はたから見れば、零に抱く気持ちは兄弟愛以上です。なのに、本人がそれに気づかない。

それがもう、もどかしい!

零が高校生になっても、毎朝いってきますのチューをして、同じベッドで眠って、零のために15万もする炊飯ジャーを買って…って、これだけ聞けば、完全に恋人同士じゃないですか。

なのに、晴はいつまでたっても零を子ども扱いして、この子には自分が必要なのだと、零を縛ろうとします。

だけど、当然、零にとっては不本意なわけです。だって、手のかかる子どもでなくなったら、晴のそばにいる理由がなくなってしまうから。

本当にもう、もどかしい!!(2回目)

晴の異母弟の双子なんかはすでに2人が兄弟としてでなく、ひとりの人間として惹かれ合っていることに気づいているようなのですが、当の本人たちが不器用すぎてなかなか進展しないのです。

もどかしさはあるけど、萌える

なかなか恋愛関係に発展しない零と晴ですが、萌え度はすごいです。

まずは、ビジュアル。

零は高校生にしては小柄で、晴の腕にすっぽりおさまってしまうくらい。
加えて、大きくて真っすぐな瞳が可愛くて、ショタ受けしそうなビジュアルです。

晴のほうはといえば、クオーターの美男子で、超売れっ子ホスト。文句なしのイケメンです。しかも、イケボ。

CVは前野智昭さんなのですが、零(れん)に囁く時とか背中にゾワリとくるものがあります。

そして、晴の零への愛情表現。

前述のとおり晴は零を子ども扱いしているわけですが、そのくせ、「それ挨拶じゃないよね?」くらいのキスするわ、押し倒すわで、胸キュンどころか、ギュンギュンです。

晴が零の爪も切ってあげるシーンがあるのですが、まさかの後ろから・・・。最高すぎます…。

バックハグにしか見えず、萌えが止まりませんでした。

ちなみに晴と零のイチャつきっぷりは、作中のモブの女性陣にも好評です(笑)

物語は「SUPER LOVERS2」へ

晴と零のもどかしい関係は、「SUPER LOVERS2」に続きます。

SUPER LOVERS2 はちょっと進展したふたりが見れますが、その分、すれ違う心が切なく描かれています。

原作コミック

「SUPER LOVERS(スーパーラヴァーズ)」のコミックは14巻まで発売されています。(2021/4/25時点)

現在も『エメラルド』で連載中です。

アニメ情報

最後に、アニメ「SUPER LOVERS」が見れるおもなVOD配信サイトをご紹介します。(2021/4/29時点の情報です)

作品名SUPER LOVERS(全10話)
原作/原案あべ美幸(株式会社KADOKAWA / 「エメラルド」連載中)
製作年2016年
おもなキャスト海棠零:皆川純子
海棠晴:前野智昭
海棠亜樹:松岡禎丞
海棠蒔麻:寺島拓篤
評価[評価]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる