アニメレビューを中心とした個人ブログ。感想には一部ネタバレが含まれます。(旧:恋キャラ アニメレビュー)

【ネタバレあり】うたプリマジLOVEレジェンドスター最終話感想とST☆RISHの魅力

毎週楽しみにしていた「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター」が終わってしまい、うたプリロスなHARUです。

SSS(トリプルエス)オープニングアーティストの決戦ライブでは、見事ST☆RISHがその座を勝ち取りましたね!おめでとうございます!!

だけどね、QUARTET NIGHT(以下カルナイ)もHE★VENSも、決してST☆RISHに負けてはいませんでした。みんな素晴らしいパフォーマンスだったと思います。

これは個人的な見解なので怒らないでいただきたいのですが、
歌・ダンス・舞台演出を総合で考えるなら、HE★VENSが頭ひとつリードしていたのかなー・・・と。

しかしながら、ここにきてST☆RISHの魅力が全開し、見事栄冠を勝ち取りました。

ST☆RISHの魅力

ST☆RISHの魅力は、やはり「笑顔」そして「輝き」だと思うんです。

彼らの笑顔は眩しいほどにキラキラと輝いています。
つい目を奪われ、幸せな気分にしてくれます。

それは、音楽や仲間、ファンへの愛情が、彼らの内面からにじみ出ているから――と、そう思います。

そして、アイドルに大切な好感度。ST☆RISHは、子どもからお年寄りまで幅広い年代に愛されそうなグループです。良い意味でお茶の間受けするタイプですよね?

であれば、SSS(トリプルエス)の”国際的スポーツの祭典”という性質を考えるなら、ST☆RISHが一番適任だな、と妙にすとんと納得してしまいました。

だけど、カルナイもHE★VENSもとってもよかったよ!

おわりに

SSS決戦ライブでは負けてしまったけれど、カルナイもHE★VENSもすでに前に向かって歩き出そうとしていて、見ていて清々しかったです。

最後、みんなでうたった「マジLOVEレジェンドスター」もすごくよかった。
グループ同士(特にST☆RISHとHE★VENS)いろいろあったけど、ようやくライバルとして手を握り合えたんだなあ、と思えました。

途中、最後どうなるのか不安になったこともありましたが、大好きな3グループがみんな笑顔で終われたことにとても満足しています。

タイトルとURLをコピーしました