アニメレビューを中心とした個人ブログ。感想には一部ネタバレが含まれます。(旧:恋キャラ アニメレビュー)

黒執事II 最終回ネタバレ感想&解釈

黒執事Ⅱネタバレ考察

以下、完全にネタバレ感想と、管理人なりの解釈となります。
ご了承ください。

アニメ「黒執事Ⅱ」のエンディングについては、賛否両論の嵐だったようです。

わたし自身、最終話を観た直後は、悪魔にされたシエルも、哀しげな顔のセバスチャンも痛々しくて、納得できなくて、色々な方のブログ感想を見て回りました。

そして、もう一度作品を見直してみました。
そうしているうちに、だいぶ感想も解釈も変わってきたので、ここでお話したいと思います。

黒執事Ⅱ最終回のネタバレ考察

まず、悪魔化したことはシエルにとっては不本意なことだったと思います。
ただ、第三話でも言っているとおり、「嘆くなら抗え! 悔やむなら進め!」がシエルの信条であり、生き方です。

そんなシエルだからこそ、悪魔化したことをメソメソと嘆かず、潔いまでに自分を知る人たちの前から姿を消す決意を固めたのではないでしょうか。
それは決して自暴自棄になったわけではなく、嘆かず、ただ進むしかないというシエルの強さです。

そして、あれほど切望したシエルの魂を永遠に食べることのできなくなったセバスチャン。
はじめは、ご馳走を失ったことにがっかりして、しょぼくれているのだと思いました。だけど、それだけではないはず。

わたしは、シエルの命令をある意味完遂できなかったことへの悔やみではないかと考えています。

第十一話で、瞬間的に自分を取り戻したシエルは「命令だ。さっさと僕の魂を食らえ!」と命令しているのです。
しかし、その命令は永遠に遂行されることはありません。
予測できなかったとはいえ、セバスチャンは主人であるシエルが一番望まない結末を与えることになってしまったわけです。

最後、シエルはそんなセバスチャンを半永久的に自分の側に置くことにします。
もしも本気でセバスチャンに腹を立てているなら、「もう二度と自分の前に姿を見せるな」と命令できたはず。(作中で一度命令していますし)

それをしなかったということは、セバスチャンがシエルに異常なほど執着していたように、シエルもまたセバスチャンに執着していたのではないかと思い始めました。

自分を食べてもらえないのなら、ずっと今の関係を続けようと。
主従という鎖をもって、これからはじまる永い時間、互いで互いを縛りつけ合おうと。

セバスチャンはといえば、シエルの何にも屈さない気高い魂に魅かれていました。
そんなシエルが悪魔になったと確信したとき、その崇高な魂が穢されたと思ったことでしょう。けれど、たとえどんな絶望の中でも常に凛と進もうとするシエルの本質は変わってはいなかった。

だからこそ、その魂は永久に口にすることはできなくても、セバスチャンはそんなシエルの魂と添い遂げようとしたのではないでしょうか。

最後に彼らの行き着く先はどこなのか。
といえば、何百年先になるかはわかりませんが、わたしは消滅だと思います。
オープニングにも消滅を彷彿とさせるシーンがありますし、皮肉にもシエルが悪魔化したことで寿命の縛りがなくなりそれも不可能ではなくなりました。

シエルもセバスチャンもたぶん考えていることは同じ。
共に生き、共に消滅する決意あるいは望みを手に入れたのではないか・・・そんな気がしてならないのです。

アニメ「黒執事Ⅱ」について

作品概要

作品名黒執事Ⅱ(全12話)
原作/原案枢やな
製作年2010年
おもなキャストシエル・ファントムハイヴ:坂本 真綾
セバスチャン・ミカエリス:小野 大輔
アロイス・トランシー:水樹 奈々
クロード・フォースタス:櫻井 孝宏
評価

関連記事

タイトルとURLをコピーしました