アニメレビューを中心とした個人ブログ。感想には一部ネタバレが含まれます。(旧:恋キャラ アニメレビュー)

アニメ「無能なナナ」思わずあんぐり!想像を裏切りまくる知略サスペンス

アニメ「無能なナナ」レビュー・感想今回見たアニメは「無能なナナ」。

衝撃的な第1話に始まり、ずっとハラハラドキドキする展開でおもしろかったです!

※ネタバレがありますのでご注意ください!

あらすじ

絶海の孤島にある学園。そこには、特殊な能力を持つ少年少女が集められ、「人類の敵」に対抗するための訓練を受けています。

中島ナナオもその一人。けれど、まわりからは「無能クン」と揶揄されています。

そんなナナオの前に現れた、転入生の柊ナナ。

「人の心は読めるけど、空気は読めない」というナナは、ナナオと親しくなっていきます。

衝撃の第1話

クラスメイトから「無能クン」呼ばわりされている中島ナナオは優しくて、気の弱い少年です。

ある日、ナナオのクラスに柊ナナが転入していきます。

しょっぱなから堂々と「わたし、人の心が読めます!でも、ちょっと空気は読めません!」とかまします。すごいのか、すごくないのかよくわからない子です。(笑)

そんなナナは、初日からナナオが嫌がるのにもめげず、ぐいぐい接近していきます。さすがは空気が読めない子…!

けれど、相手は優しくて可愛い女の子です。なにより、みんなからバカにされているナナオのことを肯定してくれるのです。落ちないわけがありません。

ナナオはナナに心を開き、自分には無理だと諦めていたクラスのリーダーにまでなります。自分の心に素直になり、顔をあげて前を見るナナオ。

ナナはそんなナナオの手をとり、夕暮れの中、ふたりは見つめ合います。やや展開が早すぎる感はありますが、めちゃくちゃ良い雰囲気です。このままラブ突入でもおかしくないと思った矢先。

……

……

ナナオを崖から突き落とした!??

え………????? ナニガオキタノ………?????

そして明かされるナナの正体。

まさかの青春ストーリーからサスペンスの世界に突入です!

ゆっちん
ゆっちん

あ~驚いた!!

タイトルにも裏切られる

衝撃の第1話に登場するふたりの「ナナ」。中島ナナオと柊ナナです。

なぜか、本作のタイトル「無能なナナ」は、「無能クン」呼ばわりされているナナオのほうだとばかり思い込んでいました。けれど、実際は「能力者のフリをする無能力者」である柊ナナのほうで、すっかりだまされました。

タイトルの件はおいておいても、本作は中島ナナオと柊ナナのダブル主人公くらいに考えていたのです。

だから、第1話にしてナナオが死んでしまったことがにわかには信じられず、2話あたりでひょっこり復活するのではないか…と待ち続けていたのですが…。

完全に裏切られ、ますます目が離せなくなりました。

「無能なナナ」は頭脳戦がおもしろい

能力者の特殊能力は、火や氷を操ったり、過去にタイムスリップしたりと人それぞれです。

対するナナは無能力者。
普通に考えれば、ナナのほうが分が悪いわけですが、能力者たちに「頭脳」で対抗していくところがおもしろいです。

異能力系というとバトルアクションが多いですが、本作では能力バトルというのはほとんどありません。

ナナは持ち前の「頭脳」と「洞察力」を駆使して、能力者の能力をさぐり、ときにそれを逆手にとって相手を殺していきます。

そして、ナナと同じくらいに頭がキレるのが、能力者・小野寺キョウヤ。

ナナが能力者を殺害し、キョウヤがそれを暴こうとします。
つまり、犯人を最初に明かして、ストーリー展開するタイプのサスペンスです。

ひとつの犯行に対して、犯人側(ナナ)の視点と追い詰める側(キョウヤ)の視点が交互に語られる演出は見ごたえがありました。

「無能なナナ」には共通の敵はいない

もうひとつ「無能なナナ」のおもしろい点は、共通の敵がいないことです。いわゆる完全な悪役がいない。

能力者たちにとっての人類の敵は人類をおびやかす未知の怪物ですが、無能力者のナナは能力者たちこそが人類の敵だとみなしています。だからこそ、ナナはためらいなく、能力者たちを殺害していくのです。

この「人類の敵」という1つの言葉が、立場によって捉え方が変わるという点は新鮮でした。

犯人はわかってる…なのにハラハラする

前述のとおり、「無能なナナ」は犯人を最初に明かして、ストーリー展開するタイプのサスペンスです。

はじめは、ナナは単純な悪人だと思いました。

だって、能力者とはいえ、人間です。能力を除けば、普通の少年少女です。
ふだん仲良く接する相手を殺すって、使命とはいえなかなかできることではありません。

けれど、中にはサイコパスのような一面を持っている能力者も出てきて、だんだん「本当に普通の少年少女なのだろうか」という疑惑がわいてきます。

終盤、ナナ以外に犯行をおこなう者が出てくるのですが、もう誰も彼もがあやしい。ナナと一番親しくて気の優しいミチルですら怪しく見える。

キョウヤはナナの犯行を暴けるのか、ナナ以外の殺人犯は誰なのか、ミチルはナナの敵なのか味方なのか、そもそも能力者は本当に普通の人間なのか…色んな事が気になって、最後までハラハラし通しでした。

2期を所望!続きが気になる!

アニメ「無能のナナ」は一応ひと段落したものの未完です。

どうやらナナも黒幕に操られているようなのですが、詳細はわからずじまいのまま終わってしまいました。

ぜひ、第2期で続きをやってほしいです。

原作コミック

ガンガンコミックス「無能なナナ」は、7巻まで発売中です。(2021/5/4時点)

アニメ情報

最後に、アニメ「無能なナナ」が見れるおもなVOD配信サイトをご紹介します。(2021/5/4時点の情報です)

作品名無能なナナ
原作/原案原作:るーすぼーい、古屋 庵(掲載 月刊「少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊)
製作年2020年
おもなキャスト柊 ナナ:大久保瑠美
中島ナナオ:下野 紘
小野寺キョウヤ:中村悠一
評価★★★★☆

タイトルとURLをコピーしました